11.26.2015

安ものだと思っていたアクセサリーが実は……?!

私の知人の話です。海賊ごっこが大好きな男の子がいるご家庭で、宝箱に隠す本物っぽい宝ものを欲しがったので、昔使っていた安いネックレスやペンダントトップなどをあげたそうです。すると案の定喜んで、スーパーボールやミニカーなどの「お宝」と一緒に部屋のいたるところに隠しては見つけて遊んでいたとのこと。

でも、子どもが部屋に隠しっこして遊ぶと、だいたい隠したまま見つからなくなるものがありますよね。お掃除していると、そういうのがぽろぽろ出てくるんだそうです。クッションカバーの中からとか、本棚の下のスペースとか、洗濯籠の中とか。そんな風に、見つけられ忘れた「お宝」をいつものように片付けていて、ふと知人が気づいたのが、息子さんにあげたペンダントトップの金具の裏側の「K18」の刻印だったそうです!知人にとってもそのペンダントトップは昔のもらいものだったようで、あまりに大きい上に入っているのがガラス玉のようだったので、てっきりおもちゃのペンダントトップだと思い込んでいたとのことです。

まさかこんなところに18金があったとは、と慌てて「お宝」を回収して、買取サイトへ連絡し、宝石買取業者に来てもらって、全部専門家に査定してもらったそうです。結局値段がつくようなものは、そのペンダントトップとあと少しだけだったそうですが、知らずにおもちゃにしていたなんて……!と知人が言ってました。皆さんも、お手元のアクセサリー類、もしかして売れるレベルの良いものかもしれませんよ。価値を知りたい方は宝石買取業者に査定してもらってみてくださいね。

comment Leave a Reply